<< 2019.06.07 Tweet | main | 2019.06.09 Tweet >>
2019.06.08 Tweet
10:38
RT @tangegozen: 見方を変えると違うものが見えてくる。編集が大変なのは、それを何度も何度も繰り返さなければいけないこと。好き好んで「自分が見たいもの以外」を見る人はいないと思うので、編集というのは本当に苦行だなと思う。だからこそ、最後の最後にはこれ以上ない喜びに変…
10:39
RT @tangegozen: ↓ある意味では「自分がこう見たい」という欲望を、徐々に徐々に消していく作業。自分が本当に無になって、世界の像が起ち上がった時に作品が完成する。仏教の修行みたいなものだな。
10:39
RT @tangegozen: ↓映像が流れていかない部分は、まだ、自分の中に「こう見たい」あるいは「こう見せたい」という執着があるから。それを捨てろ。
10:39
RT @tangegozen: 別の言い方をすれば、自分の中にある偏見と向き合い続ける作業のようなもの。編集ワークショップいつかやったら意義深いと思うけれど、撮影以上にこれは伝えづらい。というか、時間がかかる。
10:39
RT @tangegozen: この編集作業こそが、大鋸さんがわたしに課した「演出」、あるいは「脚本の指示」のような気さえしてきた。今、わたしは演じている最中というか。
13:04
RT @tamaranhill: 長い沈黙を破って、ようやく1つご報告ができることを嬉しく思います。 マルセイユ国際映画祭に入選いたしました!! https://t.co/DZiQJYrNTL
22:43
古谷利裕・上妻世海 虚構と制作〜「虚構世界はなぜ必要か?」刊行記念イベント〜 古谷さんに挨拶したときはうまく話せなかったが、この本の前提となっている古谷さんの「実存」について、フィクションの濃淡の軸とかとは別の、古谷さんの「言葉」で聞けたら、と思った。無作法かもしれないが。
22:50
『或る、ひとつの、惑星ソラリス』近文研。面白かった。不思議なチープさとロシア風味。デビッド・リンチっぽくもあり。
| 02:40 | - | - |