<< 2019.05.18 Tweet | main | 2019.05.23 Tweet >>
2019.05.21 Tweet
18:44
RT @tangegozen: 「O介」、文体がやっと掴めてきた。どんどんよくなる。どんどんかたちが変わっていく。こんな映画のつくり方をしている人は他にいないだろう。どこにもない映画。そう言ってもハードル上げすぎじゃないだけの作品になっていきている。もう少しです。
18:44
RT @tangegozen: 「O介」を作るために、今までの諸作があったような気さえする。初のフィクション作というより、ドキュメンタリーの集大成という感じ。
18:44
RT @tangegozen: 現実の断片から<ある意味で>「フィクション」を作ったのが『うつろいの木」ならば(『食べること 生きること』も広い意味では同じなのだけれど)、虚構の断片から「ドキュメンタリー」を起ち上げているのが『O介』。
| 02:40 | - | - |