2018.07.14 Tweet
21:22
雑誌「テアトロ」8月号に、阿藤さんが『関係−未来/愛について』公演についてのエッセイを書いてくださいました! https://t.co/pvyCTDZrLI
| 02:40 | - | - |
2018.05.05 Tweet
02:52
ひとつの本屋で起きたこと。|本屋でんすけ にゃわら版 https://t.co/PVPQPB1sIz #amebaownd
20:13
娘がDVDを借りてきたので『君の名は。』を観た。映画の感想は置いておいて、先の演劇『関係−未来/愛について』と似ていることに驚いた。『君の名は。』では、タイムパラドックスによって、2人のつながりが消去されるところ、(続く)
20:14
(承前)『関係−未来/愛について』では、両立不可能な設定によって消去される。提示される問題は、その上でいかに関係することが可能であるか、というところ。
| 02:40 | - | - |
2018.03.22 Tweet
00:51
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(72) 3.15 稽古最終日 通し稽古も3日目もう大きな流れに変化はない それでも明日の公演に反映するべくダメ出しをし、かたちを調整していく 言葉には幅があり、気持ちとのズレもある でもその矛盾をまるごと表現…
00:51
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 10時SCOOL入り、遮光、照明準備、椅子を並べ、チラシを折り込む 一幕、二幕の入れ替わりの動き、照明のタイミングなどをチェックし、阿藤さんが準備してくれたサンドイッチを食べ、14時20分まで自由時間…
00:51
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 15時開演、一幕はファーレ立川にある河口龍夫の「関係−未来」という木の幹に鉄の輪をかけた作品と、まだほんの子猫のときに針金を胴にまかれ苦しんでいるところを助けられた猫の生を並列的に語る 役者の緊張が伝わ…
00:51
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 映画上映後のトークの設定、そこでの原作小説の朗読で、不可視の映画と小説とトークが同じものだということがわかる 初演のときは構造を見せられているという声もあったようだが、言語と声とイメージそれぞれが対象を…
00:51
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? そして個々人それぞれが簡単に口にできる「未来」という言葉の不安定さを体感できたとき、この一幕は完成するのだと思う 二人の朗読の声が重なるとき、一瞬でも観客の中でそのイメージが重なるといい、そして次いで現…
00:52
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 「ドーナツ」という短篇を基盤にして内容的には書きかえられた二幕 こちらも映画上映後のトークという設定だが、映画にはまるでなにも映っていなかったかのようで、話も映画はまるで愛のようだ、愛についてわからない…
00:52
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? この場合の映画は自分が写しかたちづくっている世界だ 美しいけれど孤独な世界…話も堂々巡り あるとき固有名をもつ他者を発見するが、それは自分と同じように孤独に映画をかたちづくる者だった それぞれが映画をも…
00:52
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 今はない、しかし愛があればそれを作れる希望はあるのかもしれない 私は私と同じ他者がいることを認めることからはじめよう 少なくとも私たちはスクリーンに映っているのだから 大鋸さんから反論が出るかもしれない…
00:52
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 映画とは、スクリーンとは、写す/映るとは…現実の似姿として、現実と、人間の在りようとつながっている だったら現実の話を書けばわかりやすいではないかという問題ではない 言葉の多義性、イメージの多義性を使っ…
00:52
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? その分演劇としては難解な部分もある テキストの意味を100%理解しなくても、ここで言われている映画、現実、私とはなにかと考え反芻することで考えが進んだり、後半わからないけど気持ちがザワついたのは何故かと…
00:53
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? ひっかかっていればいつか腑に落ちることもあるからね 終演後、休憩もなくシームレスにアフタートーク、ほんとに第三幕という感じ しかし初演を観て絶賛してくれた岡本和樹監督だったからか、大鋸さんあまり展開を…
00:53
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 俳優たちから岡本監督がかわいそうだった、「大鋸さんがもっとしっかりしないと」とダメ出しあり、とはいえなんとか1ステージ目は終了 1ステージ目を見て古谷利裕さんが書いてくれたレビューがこちら(一幕)…
00:53
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage01? 二幕がこちら 細かく深く目が届いていて、文章が書けるというのは素敵だなと思う 同時に個人的に偽日記は21世紀の文化・思想のクロニクルだと思っているので、そこに上演記録が残ることはよかったなと htt…
00:53
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 19時より2ステージ目 いきなり笑われたお客様がいて、1ステージ目とは違う雰囲気でスタート 徐々にお客様の集中度も増してきたけれど、それでもなにかが違う…結果的に3回通して見てわかったことだけど、毎回微…
00:54
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? これが演劇のおもしろいところなんだろうなと思う 終演後は越川道夫監督とのトーク、考える時間もなく舞台に上げられ話す監督は大変だったと思うけど、映画について、表現について、劇に即して話してくれ、大いに盛…
00:54
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 越川監督の話:映画は直線的な時間の流れを要請しがちだけど、自分はそういう時間に、ましてや未来という時間設定に興味を感じない 直線的、永続的な時間=物語に対する居心地悪さから物語を内部から崩壊させる方向に…
00:54
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 越川監督の話:小道具としてあったコップを隠す コップは隠してもある 5回置き直す 1回ごとに世界は変化している、そこになくなったとしても「ある」 それを明らかにするメディアが映画 僕はそこに希望を持って…
00:54
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 越川監督の話:「関係−未来」のような美術作品は装置となって時間が直線的に流れてしまう=その前提の中で未来という時間設定ができてしまう 映画の中の他者という問題でも処理してしまわないことが大事 直線的な…
00:54
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 越川監督の話:映画は行為しか写らない 写っているとすれば愛するやり方で、愛が写っているどうかはわからない 愛が成就するかどうかはどうでもいいし、問うても意味はない 愛そうとする手つきだけが400カット…
00:54
RT @seidodousi: 行為しかないそれらがなぜまとまりを持つのか、なぜつながっているのかという問題を抱えながら映画ということをやっている そこで愛が写るかどうか問うても意味はない
00:55
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? 電子書籍に首をかしげてたら、出版を通りこして映画がデジタルになった 映画は元々フィルムの影、そのフェティッシュを放棄してしまった 僕らの映画は残りません、HDですもん 壊れやすいし、技術革新で置いていか…
00:55
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage02? あまりにおもしろかったので越川監督の発言だけピックアップしたけれど、他にも時間の話の流れで再生芸術とライブの話もあった ほんとに出演者としての越川監督に拍手で2ステージ目も終わり 皆で3Fのレストランで…
00:55
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 出演者の皆13時までにはSCOOL入り、3ステージの内半分以上終わっているためか少しリラックスした雰囲気 19日間の総仕上げ、いい感じで終わることができたのではないかと思う 終演後の小谷忠典監督とのト…
00:55
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 小谷:かぎりなく映画に近づいているけど、だからこそ演劇の気がした 大鋸:小説はひとつの言葉で読者に解釈を預けられる 演劇は役者が(もしくは役者に対して)決めなければならない 広がりを失う分、身体と身体が…
00:55
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 小谷:映像は残ると痛感した体験があった 10年前正月に実家に帰ったとき友人の家に集まった そこでその友人のさらに10年前の結婚式のビデオを見ようということになって、下手な撮影のビデオを見ていたのだが、友…
00:56
RT @seidodousi: そこでこのビデオは僕が撮ったんだったと気がついた スピーチをしていた友人は20代後半で病死してもういない でもここに残って、いるということに映像ということを痛烈に感じた 逆に演劇は残らない、今観たそのことに関するこだわりを感じる作品だった
00:56
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 小谷:二人同時の朗読がとても映像的だった 脳内映像が作られるということだと思うんですけど…同時に読むと1つしか入ってこなくて、もう1つは音=状況音として聴こえる それが効果的だったのか 大鋸:選択的に意…
00:56
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 小谷:大鋸さんの小説は意識と無意識の間がおもしろいと思って読んでいます そして決めつけられちゃうことは嫌いなんだろうなと思って今も話しているんですけど、どうですか? 大鋸:決めつけられるのが嫌いなんだろ…
00:57
RT @seidodousi: 二幕の「愛について」は観念的と思われてもいいが、 例えば私は矯正された左利きだから右と左の区別がつかない 認知に2〜5倍かかる どうしてできないんだろうと左利きの人は考えるし、 そもそも右と左とは何なんだろうと考える その感覚を延長したところで観…
00:57
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 小谷:後半にいくにしたがって、俺を決めつけるなというパワーが漲っている 大鋸:私がやりたいことに対して、役者から「ああしよう、こうしよう」が出てこういうかたちにできあがっているんです 小谷:僕も若い頃、…
01:06
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」stage03? 大鋸:戯曲は最終形態を想像してると思うが、僕はそういう風に書いていないから、言葉が口に出されるだけでも驚きでしたよ 迷ったらテキストに戻ってこれにするという形で決める 皆でテキストを読み込んで舞台化する…
01:06
RT @seidodousi: できあがった作品はそのプロセスが内在されていて、そういう意味ではわけのわからないテキストとの格闘がこんなかたちになった 小谷:映画をつなげているのは観客だと言われるときもある、それに近いものを感じました 観ているこっちがつなげる時間でもあった気が…
01:07
RT @seidodousi: 大鋸:役者の身体の動きを見ている人が定着させていく 演劇は肉体を使った表現だということを思い知らされた経験でした これで3ステージすべて終了 3Fのリトルスターレストランで打ち上げ、ゲスト側に座ったので役者の皆さんとあまり話せず、しかし大いに盛…
01:07
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」に関わった皆さん、 大鋸さん、阿藤さん、司田さん、松本さん、三浦さん、明樹さん、 ここで改めてありがとうございました。 私は見ていただけだったけど充実した日々でありました。
| 02:40 | - | - |
2018.03.20 Tweet
20:05
古谷利裕さんが公演のレビューを書いてくださいました。ありがとうございます! 『偽日記』 https://t.co/urnP8qASlb https://t.co/Ijeqd48Lja 『関係−未来/愛について』 https://t.co/t69XHgD0r7
| 02:40 | - | - |
2018.03.18 Tweet
00:17
祝・千秋楽【関係―未来/愛について】 https://t.co/lcdIZzoRbg
01:50
自分は十分な敬意をはらってそれらを扱ってこられたんだろうか? 敬意をはらわなければ扱ってはいけないということもないし、どこまでという区切りもない。逆に、押しつけるなと言うこともできるだろうし、その権利もあるだろう。が、それとこれとは別の問題。
09:28
「(ひとつの台詞は幅広い多義性を持つが、演劇ではそれをひとつの肉体の状態での発声に限定しなければならい。)けれども、その肉体の状態は、台詞の多義性とは別に、台詞の多義性に匹敵する量の多義性を観客に与える」昨日のトークの補足。
| 02:40 | - | - |
2018.03.17 Tweet
10:04
昨日の公演、ご覧いただきました皆さま、ありがとうございました! あとは今日の1公演を残すのみ。『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)   https://t.co/t69XHgD0r7
10:34
RT @drastic_kitchen: ここ数年見た中で一番難解やった。こりゃ何回生まれ変わっても絶対できない表現。 https://t.co/gXFM1RmRIY
23:50
RT @roboandmiri: 昨夜は『関係ー未来/愛について』のアフタートークでした。最初は爆笑しながら観劇していたのですが、次第にぼくが出るのはアフタートークはアフタートークなのですが、アフタートークという名の三幕目であり、まんまとこの演劇の登場人物であることに途中から気…
23:50
RT @eritsundesu2011: 「関係-未来/愛について」を鑑賞してきました。つまりどういうこと?なんなの?と頭のなかぐるぐる、答えはたくさんあるんだな〜超集中した時間。新しいことを見たり聞いたりするのは楽しいですね。今日はうまく髪が巻けたので良し! https://…
23:50
RT @tangegozen: 『関係−未来/愛について』の知人の感想を踏まえると、演劇人など自分なりの「演劇」という概念を持っている人には評判が悪いようですが、そこから自由な人、一般の人などには評判がいいです。理屈っぽい観念劇のようですが、評価を別けるのはインテリかどうかは全…
23:50
RT @tangegozen: 『関係ー未来/愛について』を観にいきてくださったお客様から、心のこもった手紙をもらう。『うつろいの木』を観てわたしにも大鋸さんにも興味を持ってくださり、『食べること 生きること』も今作も観てくださった方。ぜんぶ引用したいくらいの(笑)いやほんとう…
23:56
『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)   https://t.co/t69XHgD0r7 本日、全公演終了いたしました。ご覧いただきました皆さま、メンバーのひとりひとり、トークゲストの3名の監督、ご協力いただきました方々に心より感謝いたします。
| 02:40 | - | - |
2018.03.16 Tweet
00:44
いい具合に埋まってきましたが、席はまだ作れます。『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)作:大鋸一正 出演:松本予右介、三浦千枝、司田由幸(砂の上の企画)、明樹由佳、阿藤智恵 公式サイト・予約受付フォームよりhttps://t.co/t69XHgD0r7
00:48
最後の通しが終わり、後は本番のみ。ゾクゾクする。『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)   https://t.co/t69XHgD0r7
00:48
RT @tangegozen: 『関係−未来/愛について』16日・17日です! https://t.co/eJ6ekQ87SZ 作:大鋸一正 出演:松本予右介、三浦千枝、司田由幸(砂の上の企画)、明樹由佳、大鋸一正、阿藤智恵/16日の15時の回はわたしもトークゲストで参加します…
00:48
RT @tangegozen: 16日 19時の回は 越川道夫さん(映画監督・プロデューサー) 17日 15時の回は小谷忠典さん (映画監督) がトークゲストです!
23:26
RT @kotanitadasuke: 明日(17日)、演劇『関係−未来/愛について』のトークゲストとして参加させていただきます。ぜひご来場ください。https://t.co/LcuMM5Nna2
| 02:40 | - | - |
2018.03.15 Tweet
00:57
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(65) 3.13? 一幕からノンストップで通し稽古 その後、問題を検討 一幕で大鋸さんの評価と司田さん・阿藤さんの評価がちょっと違ったりする テキストの意図とそれを伝えるトーンを見ている大鋸さんと、身体の論理…
00:57
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(66) 3.13? 昨日、大鋸さんが改変した部分、役者の二人のあいだでバランスをもう一度練習してもらって、明日また通しで流れのなかで見てみる 二人は明日も早目に出てきてやりとりの自主練をする 稽古できるのはあ…
00:57
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(67) 3.13? 二幕、出だしのトーンから順々にチェックしていくと、またテキストの裏に隠された意味があることがわかる これは普通の意味でのやりとりでいいなと思って読んでいたところに逆の意味が入っていた 対話…
00:57
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(68) 3.13? ここはこうなっているけど、前の部分がうまくいかなかったから、そうなっていても良くみえた・・・観られることを考えるなら、演劇は部分では考えることはできない 演劇は生きている 全体がいいメロデ…
12:05
RT @atohchie: 昨日の日記です https://t.co/iphe5xv1iQ 神さまが順調と言えば、順調なのです。すごいものを本番で見せてもらえそうです。
12:10
明日本番です! 『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)作:大鋸一正 出演:松本予右介、三浦千枝、司田由幸(砂の上の企画)、明樹由佳、大鋸一正、阿藤智恵 公式サイト・予約受付フォームよりhttps://t.co/t69XHgUBPH
12:13
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(68) 3.14? 本番も差し迫ってきた、まず一日の流れを確認 そして本番に向けて大鋸さんの話 作品の結果にはプロセスが内在されている 自分は本来は計画的な人間だが今回は皆と作った船に乗り試行錯誤の過程を楽し…
12:13
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(69) 3.14? 今日も通し稽古、検討 一幕、大きな流れは固まった感じ、リアクションのとり方など細部のダメだしを重ねて、大鋸さんが狙うポイント、演劇として表現のトーンを調整していく 最終段階まで詰まってきて…
12:13
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(70) 3.14? 二幕、昨日の話を受けてだいぶ変化 大鋸さんの意向を反映してるのだが、それが観客に伝わるのかで話し合い 演劇の観客は役者にシンクロする、役者の身体・感情に何も起きてなければ観客にも何も起こら…
12:13
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(71) ということで、今日は最終稽古の日 明日の朝の入り時間の早さを考えると、スマホを持たずパソコンでツイートしている私としては事前の稽古のツイートができるのはこれが最後 通し稽古を見ていてもおもしろさは変ら…
12:14
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」は 16日(金)15時と19時の2回 17日(土)15時    1回 の計3回 三鷹SCOOLにて公演 映画上映後のアフタートークという設定にふさわしく毎回映画監督と作者・大鋸一正さんのアフタートークもあります。 まだ予…
| 02:40 | - | - |
2018.03.14 Tweet
00:04
RT @tangegozen: 『関係ー未来/愛について』再演です! https://t.co/eJ6ekQ87SZ 「静かな衝撃」ということばがぴったりの舞台。ふだん目にしている世界の土台がぐらつきます。こんな体験をすることがあるから、表現の可能性を捨てずにいられるのです。1…
00:05
RT @sakuraikeisuke: 大鋸一正さん、実は、存じ上げなかったのですが、短編集『O介』(この上演の原作?)読んだら、これが驚きの素晴らしさでした。楽しみです。 https://t.co/YH1fnNoxBa
00:05
RT @sakuraikeisuke: 「驚きの面白さ」なんて、失礼でしたね。「驚き」に満ちており、面白い!のです。大鋸一正『O介』。
00:28
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(39) 七日目 先に予定を入れていたのでこの日の稽古は欠席 アトリエイーストで鳥公園のアタマの中展「蒸発」で手塚夏子さんの戯曲の置き換え、西尾佳織さんの演出風景を見る 「関係−未来」を続けて見ているなかで他の…
00:28
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(40) 八日目? 朝10時からSCOOLで稽古 椅子を並べ、光を遮光、ライトを調整して準備完了 まずは光の下で三浦さんの衣装合わせ、阿藤さんが購入したワンピースは下地の白が壁と干渉しあって身体の輪郭がボヤけて…
00:28
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(41) 八日目? 本番での準備段取も決めて、午前中は二幕クライマックスの場面を演じながら照明のタイミングなどを確認する 13時からは3Fのリトルスターレストランで食事しながら問題点を検証 何度もSCOOLには…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(42) 八日目? 14時から通し稽古 新潟から阿藤さんの友人、劇団THE風・FOUの若月さん、現在は東京在住の高梁さんが通し稽古を観るために来てくださる 忌憚のない感想を言っていただき、やるべきことをどこまで…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(43) 八日目? お二人の感想を受けつつ、一幕から検討 一幕が一段落したあたりで若月さん、高梁さんはお帰りになるので写真を撮ったりする わざわざありがとうございました 皆に新潟のお店のクッキーと亀田製菓のしゃ…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(44) 八日目? 続いて二幕の話 問題点の検討から次第にテキストの深い意味を大鋸さんから訊き出す時間へと変化 小説の言葉を役者に肉体の論理に、抽象を行為へと移しかえていく作業 小説と演劇のせめぎあいのなかで皆…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(45) 九・十日目? 小道具の水差しを決めたり、司田さんの衣装がまだ決まらなかったり、細かなことはいろいろあったけれど基本的に二日とも二幕の流れを大鋸さんのテキストに隠された意図と役者の身体ロジックをすり合わ…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(46) 九・十日目? 仮に振られたシーンナンバーを頼りに このシーンの意図は? 二人の気持ちは? シーンを先に進んで…このときこの心理なら、前のシーンはこうでないとこの台詞は出て来ないよね 大きな意図とシーン…
00:29
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(47) 九・十日目? 敗者の美学という話が出る 大鋸さんの小説「関係―未来」はインスピレーションを与えた河口龍夫の作品「関係−未来」に原理的にはかなわない 戯曲「関係−未来」もそこから生み出されたという意味で…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(48) 九・十日目? 敗けをわかりながら挑む美学 しかし、それではいけない 自分が小説「関係−未来」をおもしろいと思ったように 舞台「関係−未来/愛について」を演劇にする意味、舞台にしたことでのおもしろさがな…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(49) 九・十日目? そこに小説家ではない演出家・大鋸一正が誕生するし、 6人で作り上げた舞台「関係−未来/愛について」が誕生する 各人が各人を作り上げる舞台 そうやって作ることが「愛」なのかもと思う さあ…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(50) 十一日目? まずは松本さんの衣装合わせ、ほとんどこれでいけるでしょうというところまで決まる 続いて今日は一幕から 昨日までで二幕を思考の動きを追っていって理解が進んだこともあり、新たな気持ちで一幕に取…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(51) 十一日目? 開始時の前提の確認をしているときに、自分が一幕の劇構造を見誤っていた=隠れた意味に気が付いていなかったことに気づきショックを受ける そうなると全体の意味も深くなるのではなど、頭のなかでいろ…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(52) 十一日目? そんな自分の観方の変換とは関係なく稽古は進むが、二幕を踏まえたうえでのある意味リセットされた状態もあってかなかなかうまく進まず トークの対話としてリアリティを持たせるためにはどの言葉を起て…
00:30
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(53) 十一日目? 役者も人間だから当然仕上がり方のスピードにも差があって、それを演出する方も大変だし、できない自分を上げていく役者も大変だ 稽古場自体が生き物みたいに変化しているし、否応なく初日はやってくる…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(54) 十二日目? 今日は三浦さんがお休み、昨日からの流れのまま一幕のあり方について話し合いから 自分が初演で気づいてなかった劇構造、そこに気づいてもらえれば大鋸さんの世界の捉え方のおもしろさに入っていけると…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(55) 十二日目? しかし演劇の稽古は課題が見つかってある方針が出ても、役者がそれを自分の身体に落としこんで、それをやってみるまで正解かどうかわからない それも他に正解がある可能性をもちながらであるし、他の箇…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(56) 十二日目? これは時間がかかるし繊細な作業だよなと思いつつ、このちょっとしたことで感触が受けとる感触が変わるおもしろさは見ていて楽しい部分 今日は三浦さんがいなかったこともあり、松本さんに課題が預けら…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(57) 十二日目? 休憩後、一昨日あと少しのところまで行った二幕の流れを詰めて行く作業 ほんとの最後のところで意味を繰り返して言っていると思っていた部分に、大鋸さんとしては違った意図があったことがわかり、少し…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(58) 十二日目? 言葉はそれだけで多義的で意味の幅があり、しかも比喩表現もあったりする・・・それにしてもどこまで掘れるんだこの本は! それでも大鋸さんの頭の中とこの戯曲の関係はかなり判明されてきたと思う 日…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(59) 3.11? 改訂部分を確認し、二幕から通し稽古 設定と人物に合わせて出だしの部分の二人のトーンを調整する 時間をかけて構造を確認、理解したことで全体がすんなり流れてしまった印象 この段階から出てくる問…
00:31
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(60) 3.11? 続いて一幕の後半を確認 驚きや悲しみを感じるのではなく、感情そのものとなり、観客にそれを発見させることはできないか 抱いたイメージの動きを呼吸に落とし込むようなことが必要な感じ 難しいなあ…
00:32
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(61) 3.11? 一幕を通し稽古 トークイベントという設定のうえでのやりとりの呼吸など検討 後半もっとスムーズに、バランスよく運ぶために司田さんから少し改訂が提案される この段階になるとひたすら内容を詰め…
00:32
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(62) 3.12? 今日は早く稽古場に来た一幕の二人の自主練から見学 演出のいない役者同士の試行錯誤も興味深い 演出の指示通りするだけではおもしろくならないのだろうし、役者自身が入り込むことは作家が自身のテキ…
00:32
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(63) 3.12? 大鋸さんによって一幕後半が三浦さんの部分が改訂されたのでそこを稽古 実際やってみて松本さんの部分の台詞も入れ替え 明日、通し稽古をすることにし二幕に移る 昨日出た問題点を大鋸さんが整理した…
00:32
RT @seidodousi: 「関係−未来/愛について」稽古観察記(64) 3.12? 稽古を見ていて思うに、なにをやるかわかりきった台本ではやる意味がない 難しい台本を読み解くのはおもしろいが、限られた時間の中でそれを実現できるのかどうかハラハラする 稽古はあと3日、初演と…
00:36
そろそろ埋まってきている回があります!お早めにご予約を。『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)作:大鋸一正 出演:松本予右介、三浦千枝、司田由幸(砂の上の企画)、明樹由佳、大鋸一正、阿藤智恵 公式サイト・予約… https://t.co/sBbaMgdeg0
| 02:40 | - | - |
2018.03.08 Tweet
00:45
2018年3月11日(日)上映。 https://t.co/9zMQGjL4uD 岡本和樹さんの『食べること 生きること』だが、これは「食べることを大事にしないとよい人生は送れませんよ」というような話ではない。そのようにも見えるように作ってあるが、そうではなく、(続く)
00:46
2018年3月11日(日)上映。 https://t.co/9zMQGjL4uD (承前)人間の営みを超えて世界がどのように存在するかを描いた作品である。そういう観方をする人が自分の他に何人いるかわからないが、そんなことすらどうでもいいと思える。
00:55
2018年3月11日(日)上映。 https://t.co/9zMQGjL4uD 岡本和樹さん『食べること 生きること』前に書いたレビューを貼っておく。 https://t.co/I9llTQbTdR
01:01
RT @seidodousi: @obami23 私は仕事を見つけられず時間にまかせて今は「O介」を書いた作家・大鋸一正さんが演劇を作っているのを見学に行っているのですが、演劇作りは大変ですね。 16−17日に三鷹SCOOLで上演されるので、お時間がありましたら遊びに来てくださ…
13:01
席数に限りがありますので、ぜひご予約を。『関係−未来/愛について』3/16(金) - 3/17(土)作:大鋸一正 出演:松本予右介、三浦千枝、司田由幸(砂の上の企画)、明樹由佳、大鋸一正、阿藤智恵 公式サイト・予約受付フォームよりhttps://t.co/t69XHgD0r7
23:16
RT @tangegozen: ↓わからん堂新聞に書いた文章からの抜粋が載っている。 https://t.co/3KNw6x9Nou 「観終わった瞬間、涙があふれた。そして、しばらく動悸が収まらなかった。こんな経験をするのは何年振りのことだろう。はじめてのことかもしれない。」…
23:16
RT @tangegozen: 大鋸一正さん作の『関係−未来/愛について』という演劇も、3月16日17日で上演します!私もトークで16日に出ます。 https://t.co/eJ6ekQ87SZ 演劇はそうとう観ているけれど、今まで観た演劇のベスト3に入る。というか、もはや「演…
23:16
RT @tangegozen: ↓ただし、観客を選ぶ作品だとは思う。わからない人にはまったくわからないかも。ただ、わかる人には100点以上。この作品でしか感じることのできない衝撃がある。わたしはそれを「小説の拡張」だと思った。小説の舞台化ではなく。そのことは「わからん堂新聞」に…
| 02:40 | - | - |
| 1/5PAGES | >>