2019.12.08 Tweet
21:02
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>−18】 https://t.co/gbTYrO7Itv
| 02:40 | - | - |
2019.12.04 Tweet
01:01
アルディッティ弦楽四重奏団、武蔵野市民文化会館小ホール。後半の細川俊夫からリゲティ、すごかった。
18:36
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>−17】 https://t.co/WwlaTWYDzS
18:41
『ファンシー』試写の後、『フィリップ・パレーノ展』ワタリウム。
18:44
『ファンシー』試写。なかなかに変な映画。山本直樹の軽薄な人物、余白の多いコマを画面に重ねてしまう。
18:45
RT @tbs_news: 【速報】医師の中村哲さんがアフガニスタンで銃撃を受け負傷した事件で、中村さんが死亡したとロイター通信がさきほど伝えました。 https://t.co/WZfyHtkOko
19:00
『フィリップ・パレーノ「オブジェが語りはじめると」』ワタリウム。簡潔でとてもいい展示だと思った。
| 02:40 | - | - |
2019.12.02 Tweet
12:17
RT @bijutsutecho_: プレイバック!美術手帖 1967年9月号 特集「裁かれる今日の芸術」 https://t.co/4mdIL0sXxq
12:19
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>−16】 https://t.co/pFMG8Ss2ku
| 02:40 | - | - |
2019.11.30 Tweet
19:59
アップルパイ! https://t.co/I7qjIkroQY
20:26
アップルパイ! https://t.co/L6hSsr0yKa https://t.co/omzvtSvEKz
| 02:40 | - | - |
2019.11.28 Tweet
23:08
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>―番外4】 https://t.co/lUIrwuHRMg
| 02:40 | - | - |
2019.11.27 Tweet
20:49
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>―番外1】 https://t.co/aWNbN8V08h
20:49
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>―番外2】 https://t.co/HyoCnrN1kq
20:49
RT @tangegozen: 【『O介』編集記<第2章>―番外3】 https://t.co/wgYlWxI9OI
| 02:40 | - | - |
2019.07.29 Tweet
18:46
RT @ISOGAI_1: 昼寝を計4時間したので寝つけません。大鋸一正『春の完成』を読みました。片脚の継母、失明する妹、エアガンで指を砕く主人公。風変わりなハッピーエンドだなぁと奥付をみたら、20年前の作品。たしかに9.11の前までの心象風景はこんな感じでした。就職氷河期の人…
| 02:40 | - | - |
2019.07.28 Tweet
19:29
「“70〜80年代生まれ”小説家たちの生活と意見」 https://t.co/TTQqOrxBjV それぞれの方に個性があって、面白かった。青木淳悟さんが言ったという「全ての小説は家族小説だ」というのは、自分なりに納得できる。全て… https://t.co/m6PmQLVGCB
19:30
「“70〜80年代生まれ”小説家たちの生活と意見」(承前)落ち着いて考えてみると、得るものが多かった。名刺代わりに小冊子を販売するという活動など。あと、電子書籍のメリットとして、紙幅にしばられないというのもあるな。
| 02:40 | - | - |
2019.07.27 Tweet
21:36
TOKAS-Emerging 2019 から、デュラス『トラック』『セザレ』『陰画(ネガ)の手』『オーレリア・シュタイネル メルボルン』『オーレリア・シュタイネル ヴァンクーヴァー』アテネ・フランセ。岡本さんに会えて話ができた。人と話すことも大事。
21:44
おかえり、ウメチ。 https://t.co/SCuHGlyZgU https://t.co/cTWWNurKJ2
| 02:40 | - | - |
2019.07.26 Tweet
13:43
RT @tangegozen: ↓ずっと「画面(フレーム)の外」を問題にして作品をつくってきたが、『O介』において「画面(フレーム)の中」とはじめて徹底的に向き合っている。それは生活における心境の変化と軌を一にしている。。生きること、創ること。
| 02:40 | - | - |
| 1/184PAGES | >>